メニュー

十分効果を発揮するために

婦人

その効果や必要性について

古き良き日本の住宅に欠かせない物といえば、障子が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。実際に昔ながらの日本家屋に行くと、大概の場所に障子があります。では、なぜ日本家屋には障子があるのか。それは、障子というのは日本の環境に適した様々な効果を持つからなのです。では、実際に障子にはどのような効果があるのか。1つはその優れた通気性による空気の清浄化です。そもそも使用されている紙が多孔性のため空気を通し、その際に空気中の汚れなどを除去してくれるのです。また、それだけではありません。障子には高い吸湿性があり、湿気を吸い取ってくれる効果もあるのです。日本には梅雨があり、その時期になると湿気が気になってしまいます。その点でこの効果は非常に便利だといえます。さらに、実は高い保温性もあります。日本家屋では良く窓に障子が取り付けられていたりしますが、冬場はこれが保温性を発揮してくれるのです。このように、障子には非常に様々な効果があります。しかし、障子というのは木の枠に紙を貼り付けて作っているため、決して丈夫とはいえず、破れたり破損することは珍しくありません。特にペットや子供のいる家庭では良く起こり得ることです。しかし、破損した状態の物では、上気したような効果を十分に発揮できなくなってしまいます。そういう時に必要なのが張替えです。障子の張替えを行う方法は主に2通りです。1つは業者への依頼という方法です。何枚も張替えを必要とする場合や、自分で張替えをおこなうのは面倒という場合にはこちらがおすすめです。料金も数千円程度からあるので、頻繁に張替えが必要でないなら金銭的負担はあまり無いと思います。一方子供やペットがいて頻繁に張替えが必要だったり、一枚だけ張替えたい場合には自分で行うのも良いと思います。最近では自分で簡単に張替えを行えるセットなどもあるので、そちらを利用すれば簡単にできておすすめです。